サイトメニュー

院長からのメッセージ

ガーデン動物病院のリクルートサイトをご覧いただきありがとうございます。

院長の水越です。


あなたはどんな動物病院に勤務したいですか?
  • 1年目からチャレンジできる病院
  • 医療レベルが高い病院
  • 給料、労働時間、休暇などの労働条件がいい病院
などなど、色々な希望があると思います。

僕が就職先を決める上ですごく重要だと思っていることは“ミスマッチを避けること”だと思います。

求職者の要望があり、同時に病院側の要望(欲しい人材)もあります。双方の要望が合うこと、相思相愛である就職にするということです。

なので、ご自身が就職先に求める事柄を明確にしておく必要があります。そして、勤務する病院の候補をピックアップし、あなたの希望にマッチしているかを確認してください。

3〜7病院くらいに絞り、見学にいきましょう。1病院につき、1〜2日見学することをお勧めします。

スタッフの少ない病院は1日でいいですが、多い病院は2日の方がいいでしょう。なるべく多くのスタッフと顔を合わせておいた方がいいと思います。

動物病院に限らず、人間関係の問題が退職理由のトップですので、『そのチームに馴染めそうか?』をその場で直感で感じることが重要だと思います。

そして、院長先生とお話をして、どういう人材が欲しいかを聞きましょう。それが自分にマッチしているかを確認するのです。

こういうプロセスで就職先を決めることをお勧めします。

できれば5年生の夏休み、遅くとも6年生に上がる春休みには病院見学ツアーを済ませておき、候補を1つか2つに絞っておきましょう。

そして、6年生のGWか夏休みに内定をもらいましょう。

ガーデン動物病院の特徴

ガーデン動物病院の特徴を説明します。

あなたの求める職場像にマッチしているか確かめてください。

①年中無休、夜間救急対応

重症急患の診察をする機会が多く、速い成長が期待できます。1年目の後半には先輩獣医師とのコンビで夜間診療にデビューし、2年目からは独り立ちしてもらいます。このように、1年目からどんどんチャレンジできる職場でもあります。また、夜間診療での仕事には手当がつきますので、頑張りが報われ、金銭的な条件はいい職場でもあります。

②自発性

ミーティングやデジタルツールでの情報共有が活発であり、同時に様々なことをスタッフが決めてもいい職場です。新薬の導入、ルールの変更・新設・廃止、本業外のイベントの企画など、様々な意思決定をスタッフに委ねられています。自分の意思が病院運営に反映されますので、やりがいが湧いてくる職場だと思います。言い換えると、指示待ちのスタンスでは置いていかれてしまいます。

③フラットな組織

院長以外にメンバーの上下関係がありません。なので、キャリアの長い先輩を差し置いて、1年目のスタッフがルールの変更を提案することなどが許されています。反対意見やフィードバックを後輩が先輩にしてもいいチームです。チームや病院を進化させていくことが重要であって、「誰が言った、誰が決めた」ということは重要視しないということです。フラットな組織だから、スタッフの自発性が発揮できるわけです。

ガーデン動物病院が求める人材

  • ①向上心があり、素直な性格であること
  • ②うちのメンバーと相性が合うこと
  • ③土日祝、夜間の勤務を許容できること
以上。それだけです。
キャリア、大学時代の研究室、出身大学などは問いません。人柄と相性を重視しています。
どうですか?あなたはガーデン動物病院の求める人材像にあっていますか?
「②うちのメンバーと相性が合うこと」これについては、見学に来ていただいて、実際に会ってみないとわからないですよね。
もし、ガーデン動物病院のことをマークしていただけたのならば、ぜひ一度見学に来てください。

いつでも歓迎します。 よろしくお願いします。