サイトメニュー

獣医師の方へ
獣医師の勤務スタイル

★ある勤務獣医師の一週間のシフト

ある勤務獣医師の一週間のシフト

★通常勤務獣医師の一日


時計アイコン8:30 出勤


朝一番の検査や処置は、当直獣医師がメインで行うので、日勤の獣医はフォローを行います。

「血液検査の結果は良くなっているかなぁ〜。」

時計アイコン8:45 朝礼


出勤している全スタッフが集まって、今日の申し送りを行います。その後に、獣医師と看護師で入院動物の申し送りを行います。今の状態などを報告し合い、看護師に入院動物への看護指示を出します。

「今日も一日よろしくお願いします。」
「この子は今日一日、絶食絶水にしておいてください。この子は内服薬を追加するので、作成をお願いします。」

時計アイコン9:00 午前診察


できる限りお待たせせず、お帰り頂けるように、受付スタッフ、獣医師、看護師のチームワークで診察を進めます。

診察風景

「ぱんくん、今日はワクチン接種ですね。体調で気になるところはありませんか?」

時計アイコン12:30 検査、手術


診察が終われば、続けて、検査や手術を始めます。

診察風景



時計アイコン15:00 お昼休憩


tocotoco cafeでお昼をとったり、自宅に帰ったり自由に過ごします。

「やっと、一段落。頂き物の美味しそうなおやつもいっただきまーす♪」

時計アイコン16:45 夕礼


看護師から入院動物の状態を確認します。午後から出勤してきた獣医師にもしっかりと申し送りを行います。

時計アイコン17:00 午後診察


午後診療が休みの動物病院が多い日曜日や祝日などは、急患が来ることや問い合わせが多いです。

時計アイコン20:30


カルテの記入を終わらせ、入院動物の様子を確認して、夜間担当の獣医師に引き継ぎます。

「先生、よろしくお願いします!お疲れさまでした!」

★夜間勤務獣医師の一日


時計アイコン16:30 出勤


人手が必要な大きな手術が無ければ、夕方に出勤し、午後の診察から入ります。

「今日は午後から夜間勤務。つらい思いをしている動物と飼主さんに寄り添えるよう、今日も頑張るぞ。」

時計アイコン16:45 夕礼


看護師から入院動物の状態を確認します。午前勤務の獣医師から、入院動物の治療方針や飼主様とお話した内容なども共有します。

時計アイコン17:00 午後診察


時計アイコン20:00 夜間救急対応


この時間からは、周りの動物病院の多くは診療が終わっているので、救急患者さんからの当院への連絡が増えます。電話で様子を確認して、すぐに受診したほうが良いと判断した場合には、来院をお願いします。

「すぐに来てください!準備して、お待ちしています!」

時計アイコン23:00 緊急手術、処置


明日では遅いと判断した場合には、夜間に処置を行います。今日は画びょうを誤食したワンちゃんの内視鏡です。

内視鏡風景



「お父さんとお母さんが待ってるから、頑張ろうね!」

時計アイコン2:00


処置は無事に終わり、動物も麻酔からしっかり覚めたので、休息時間です。

時計アイコン4:00


入院動物の見回りを行います。

「みんな様子は変わりないかなぁ・・・。」

時計アイコン8:00


出勤してきた看護師と入院動物の処置や検査を行います。

採血風景

「状態は良くなっているかな?」

時計アイコン8:45 朝礼


獣医師と看護師で入院動物の申し送りを行います。今の状態などを報告し合い、看護師に入院動物への看護指示を出します。

「この子は、夜間に一度、痙攣を起こしていますので、こまめなチェックをお願いします。」

時計アイコン9:00 午前診察


できるだけお待たせせず、お帰り頂けるように、受付スタッフ、獣医師、看護師のチームワークで診察を進めます。日曜日や祝日は、近くの病院がお休みのこともあり、急患が多くなります。

診察風景

時計アイコン13:00


診察が終われば、午後勤務の獣医師に、入院動物の引き継ぎを行います。

「午後はよろしくお願いします。お疲れさまでした。」