サイトメニュー

動物看護師の方へ
動物看護師のある一日

★ある看護師の一週間のシフト

ある1日のスケジュール


★早番勤務看護師の一日

時計アイコン7:15 出勤

出勤したらすぐに、看護師間の申し送りや入院動物の記録をしている、看護カルテを確認し、動物の状態と今日の看護内容を確認します。
そして、入院動物の体重と体温を測定し、今日の様子を記録して行きます。

診察風景

「今日もたくさんの入院動物のために頑張ります!」

時計アイコン8:45 朝礼

出勤スタッフ全員の顔を合わし、今日の外来の予約や手術の確認を行ったあと、獣医師と看護師で入院動物の申し送りを行います。今の状態などを報告し、この後の指示を獣医師に仰ぎます。

時計アイコン9:00 午前診察

今日は入院の担当なので、入院動物のお世話をメインに行います。何か異常が出たら、すぐに先生に報告し、投薬や処置などの漏れがないか、何度も確認をします。
また、入院動物の飼主様が面会に来られたら、その対応も行います。
今の様子を説明したり、もっと安心して預けて頂けるように、家での生活方法も聞いたりします。

時計アイコン12:30 検査、手術

午前診察が終わると、看護師は順番に休憩を挟みながら、獣医師と一緒に検査や手術を行います。
検査では動物の保定、手術では準備から始まり外回りと麻酔管理を任されます。

検査風景

時計アイコン14:00 お昼休憩

一人で休憩をとったり、スタッフ犬猫と遊んだりしています。

なの

「お互いにストレス発散しよ〜う!(笑)」

時計アイコン16:15

午後に出勤してきたスタッフに、入院動物の引き継ぎを行い、今朝の様子と注意点の共有をしっかりと行います。

「午後はよろしくお願いします。お疲れさまでした。」



★夜間勤務看護師の一日

時計アイコン16:00

出勤したらまずは、入院動物の申し送りを午前中のスタッフから引き継ぎます。

時計アイコン16:45 夕礼

獣医師と看護師が集まり、入院動物の今の状態を共有し、夕方の入院看護の指示を貰います。

時計アイコン17:00 午後診察

今日は診察担当なので、診察補助に入り、保定や検査、薬の調剤をメインで行います。
獣医師と看護師のチームワークで、できるだけお待たせしない診察に努めています。

時計アイコン20:00 夜間救急対応

午後の診察が終了したら、そのまま、夜間救急対応に切り替わります。電話で飼主様から動物の状態を確認し、お時間のお約束をしてから来院をお願いしています。

診察風景

「夜遅くにしんどくなったんだね。でも、もう大丈夫だよ。先生にしっかり診てもらおうね〜。」

時計アイコン1:00

受付は0:30までなので、院内の片付けを終わらせ、入院動物の様子を確認し、明日の朝の看護師への引き継ぎメモを記入し、今日の仕事は終わりです。
入院動物は当直担当の先生にお願いします。

「お疲れさまでした、皆さん気をつけて帰りましょ!」